1. Home0
  2. Novel1
  3. Irreglar Mind

Irreglar Mind

第11章 眠らない夜の行方 - 2 -

3月20日。

終業式と高江の出立を翌日に控えたこの日、俺と彰子は中原邸を訪れた。

送別会を、ここでやるんだ。

美波の兄貴はどうしても抜けられない用事があるらしくて、来れないんだって彰子が言ってた。

並んで座った高江と紗夜さんに、樹は結構平気そうな顔をして言った。

「そうやってるとやっぱりお似合いって感じだよな。俺じゃ役不足だったわけだ」

軽く肩をすくめる様子に、俺は樹のことを尊敬した。

あんなに打ちのめされていた彼なのに、こうやって二人を祝福することができるんだ。

今こうしてここにいることが、辛くないはずはないのに。

彼も同じなのかな、俺と。

紗夜さんが幸せであることを願って……親友である高江もそうであることを祈って。

「明日は何時の飛行機だっけ?」

尋ねて樹はグラスのコーラをぐいっと一気に飲み干した。

俺は彼の隣りに座っていて、実は彼がテーブルの下に隠した左手を、強く強く握り締めているのを、知っていた。

「2時。何だ、知らなかったのか?」

高江がちょっと笑ってそう言った。

俺はそれが不満だった。

だって、高江が笑わない。

見たいのは、こんな皮肉っぽい笑顔じゃなくて、心底からの笑顔なのに。

「紗夜が見送りなんていらないって教えてくれなかったんだぜ。当然行くけどな。……瑠希も、行くんだろ?」

さりげない樹の最後の一言に、俺はどきっとした。

「俺は、行かないよ」

さらっとそう言う。

できるだけ、さらっと。

動揺が悟られないように。

行けないよ、送りになんて。

笑っていたいから……高江の前ではずっと。

だからその自信のないことはしないんだ。

「明日は用事があるから」

何気ない顔で取りつくろって。

「………………ああ」

高江は少し微笑んで、そう答えた。

その日の帰り、俺と高江は途中から二人になった。

帰る方角が同じだから、必然的にそうなるんだけど。

彰子が降りてしまったバスの中、なんとなく言葉を交わすでもなく隣り同士でいたんだけれど……やがて沈黙を破ったのは俺のほうだった。

「高江……ありがとうな」

ずっと言いたかった言葉を、俺は口にした。

「何が?」

少し首をかしげて高江が尋ねる。

「いろいろと、さ。ほんとに、いろいろ……」

どう言っていいのかわからず、そう言った俺に、高江は少し笑って、それっきりまた沈黙が続いた。

話す言葉が見つからないよ。

一緒にいたときは、そんなことなかったのにな。

結局何も話せぬまま、俺が降りる停留所が近づいて、俺は席から立ちあがった。

「じゃーな」

そう、声をかけて、別れようとした。

まるで明日もまた会える。そんなふうに。

それは不可能なことじゃない。でも、嘘だ。

午前中、学校で会えるのは確かだけれど……でも今言うべきはそんな言葉じゃないはずなのに。

なのにそうとしか言えなかった。

ちいさなため息を心の中でつきながらそのまま降りようとして、そこでふと気づいたんだ。

大切なことを言い忘れたことに。

「高江」

タラップを降りる途中で、振りかえった。

視線の先で、高江が俺の姿を視界に捉える。

泣くなよ、瑠希。

これで最後だから。

引きつるんじゃねーぞ。

ありったけの想いをつめて。

とびきりの笑顔で。

さぁ、言ってやれ。

「────お幸せに」

Copyright © 2000-2015 Yuuka Nagisawa All Rights Reserved.