1. Home0
  2. Novel1
  3. Irreglar Mind

Irreglar Mind

第11章 眠らない夜の行方 - 1 -

こんなに時間が早く過ぎていくものだとは、知らなかった。

きっとそれは、俺の価値観の問題なんだと、わかってはいるけれど。

少しでも長く。

そう願うから……どんどん近づいてくる別れの日が、怖くて怖くてしかたない。

けれど、そんな思いだけを置き去りに、時間は過ぎて、あっという間に3月も終わりになろうとしていた。

4月に日本を経つと言った高江は、けれど3学期が終わったらすぐに経つことに決めたらしい。

21日に出発する彼の送別会を20日にやろうと、樹が連絡をよこした。

21日。終業式が終わった後、日本を後にする高江。

3月半ばに学年末試験が終わり、20日までのテスト休みに入って、俺はなんだか抜け殻みたいな毎日を過ごしていた。

ぼんやりと部屋で転がって、考えるのは高江のこと。

考えまいとしても、どうしたって頭に浮かぶ、あいつのこと。

一つ、気づいたことがある。

俺の恋の始まった瞬間。

それって、多分あの時だ。

高江、お前、幸せになりたい?

そう尋ねたときだと思う。

あのときから俺は、高江が幸せであるようにと……そう願いつづけてきたんだ。

俺は高江が言ったように、恋に対してすごく一途なんだろう。

他のことが目に入らなくなるほど、全身全霊で一人を好きになるんだ。だから、ひどく傷つきやすい。

すぐに思いつめちまう。

だって、他のことなんてなんにも見えないから、主観でしか見てないからな。

多分俺の恋愛の仕方は、不器用過ぎて相手にとってはすごく重荷なんだろうって思う。

自分の気持ちだけしか考えられない。

だけどそれってすごく悲しいことだよな。

だから、やめるんだ。そういう恋の仕方を、やめる。

相手のことだけ考えて、相手の負担にならないようにすればいい。

不器用なのはわかってる、自分も相手もなんて望まない。

欲張らずに一つだけを狙うよ、高江。

お前のことだけ考える。

お前が幸せになることだけを。

俺のは、いらないよ。

テスト休みも最終日になって、明日は送別会だっていう日も、やっぱり俺は部屋に閉じこもっていて。

その晩はずっと、眠らなかった。

眠れなかったんじゃない、眠らなかったんだ、自分の意志で。

だって眠ったりしたら絶対泣いちまうよ。無意識のうちに涙腺がゆるんじまう……わかる。

起きてる状態でだって、気を張り詰めてないとすぐに涙があふれそうになるんだから。

絶対泣かないって、涙なんか流さないって決めたんだ。

だって明日はあいつに会うんだぜ。

泣いたりしたら目が腫れて、あいつにばれちまうよ。それは駄目だ。

あいつには平気な顔しか見せない。

いつだって、笑っててやるんだ。

そうすることでしか、俺はあいつに幸せをやれないから。

笑うことしか、できないから。

だから、泣かなかった。

泣きたいときに泣かないってことが、すごく辛いことなんだってことを、このとき俺は初めて知った。

一瞬でも気を抜いたらすぐにでも涙があふれてこぼれ落ちそうで……そうなったらもう我慢なんてきかないってわかっていたから、必死でこらえて、ずっとじっとしたまま、両手を握り締めてた。

次から次へと高江のことが脳裏に浮かんで、苦しかった。

そのままの俺でいいって言ってくれた高江。

自分をわかってくれる人が欲しいと、切実に望んでいた高江。

亡くした人を救ってやれなかったと悔やんでいた、高江。

そうして……俺に救いの手を差し伸べてくれた、高江。

俺はすごく感謝してる。

こんな気持ちを教えてくれた彼に。

今までは知らなかった。

たとえ相手の胸中に誰がいようと、その人のことを考えるだけで幸せになれる。

そして胸が痛くなる。

高江がいなかったら、きっと知らなかった。

自分勝手な恋をずっと続けていただろう。

高江。

お前、幸せになれるよ、俺が保証する。

俺の想いの分まで、幸せになれ。

俺は見ててやるよ、笑って。

お前が幸せになるのを、見届けてやる。

ずっと、見ているから。

Copyright © 2000-2015 Yuuka Nagisawa All Rights Reserved.