1. Home0
  2. Novel1
  3. Irreglar Mind

Irreglar Mind

第10章 本音と建前 - 2 -

2月も半ばを過ぎた頃、俺は久しぶりに高江から声をかけてもらった。

学校帰りのバス停でちょうど会ったんだ。

目が会った瞬間にどきっとして、視線をそらされるのが怖くて、自分から先にそらした。

そんな俺に、彼が言ったんだ。

「紗夜に、告白された」

いつか誰かから聞くとは思っていた言葉だったけれど、予想以上に心臓に悪かった。

多分、本人から聞いたからいけない。

それでも俺は平気な顔をしてみせた。

無表情は、得意技だ。

偽物だから、本心を隠すのだって、巧いんだ。

「……おめでとう」

そう言った瞬間、高江の手が伸びて俺の腕をつかみ、ぐいっと引っ張って、うつむいていた俺の顔を上げさせたのだった。射るようなまなざしにぶつかって俺は驚き、息を飲んだ。

「本気で言ってるのかっ?」

高江の声を聞くのも、視線を交わすのも、なにか懐かしくて、俺はなんだか泣き出しそうになりながら、困惑した。

だって変だぜ、どうして喜ばない?

俺になんて言わせたいんだよ。

「俺は本気だ」

他に言葉が見つからなくてそう言ったら、彼は一瞬目を見開き、ついで失望したようにため息をついて俺から手を放した。

なんなんだよ、一体っ?

わけがわからずにいると、そんな俺の前で高江は顔をそむけた。

かろうじて見える横顔には、表情なんてものは浮かんでいないのに、どこか悲壮感みたいなものが漂っていて、俺は思わず見とれてしまったんだ。

なにを、考えてるんだろう。

今、彼は一体何を思っているんだろう。

もしかしたら、樹のことだろうか。

樹が紗夜さんのことをどれだけ好きか、ずっと見てきた高江だから……もしかして悩んでしまっていたり、するのか?

そう思ったら俺は黙っていられなかった。

「もっと素直に喜べよ、高江。樹なら、心配ない。あいつこの間俺に、つきあってくれって言ったよ。紗夜さんのことはふっきるつもりみたいだ」

高江は思わずといったように俺を見、皮肉げに唇の片端を持ち上げた。

「立ち直りが早いな」

これは俺への言葉なのか、樹に対してなのか、よくわからない。けど、なにかすごく尖った言葉、だった。

俺は何も言えずに黙り込み、そんな俺に高江は続けて言った。

「それなら俺は、何も迷わなくていいんだな。……4月になったら、留学する」

え……。

それって、紗夜さんと一緒に、ってこと?

俺は一瞬呆然とした。

会えなくなるんだ。

一緒にいられないってだけじゃない。全然まったく、会えなく、なるんだ。

口元まで出かかった言葉をかろうじて飲みこんだ。

嫌だ。

そんなのは、嫌だ……!

だけど、自分を偽ることに慣れた俺の顔は平静で、俺の口もいつも通りで。

誰にだって口にできる、おざなりな言葉を口にしていた。

本音じゃない、建前を。

「そっか。がんばれよ」

できることなら、その場で泣き喚いてやりたかった。

Copyright © 2000-2015 Yuuka Nagisawa All Rights Reserved.