1. Home0
  2. Novel1
  3. 雨恋

雨恋

エピローグ

くるり、と。

すごいタイミングのよさで、彼が振り向いた。

ばちって目が合って。

「おはよう」

笑顔があいさつをくれる。

「おはよう」

あたしも、笑顔で返した。

今日はとびきりの笑顔ができる日。

だって雨だから。

大嫌いだった雨の朝。

いつもの三倍は混んでるバスの中、濡れた傘がふくらはぎにあたって気持ち悪いし、肩に掛けてるカバンは持っていかれそうになるし、後ろからも横からもぐいぐい押されて、なのに逃げ場はなくて辛いけど。

前に立ってる背の高いサラリーマン風のお兄さんが吊り革にぶら下げた腕の、ちょうどひじの部分があたしのおでこの位置で、バスが止まったり曲がったりするたび、ごつんごつんと当たって痛いんだけど。

だけどいいの、全然いいの。

だって、そこに彼がいるから。

雨降りの朝が大好きになったのは、あなたがくれた奇跡。

あたしはまだ、将来のことなんて全然考えてないけど、だけど。

あたしはこれからも、ずっと。

雨降りの朝には学校に遅刻していくんだろうなって思う。

- fin -

Copyright © 2000-2015 Yuuka Nagisawa All Rights Reserved.