1. Home0
  2. Novel1
  3. 雨恋

雨恋

2

(あ・い・さ・わ)

ぽけっと口を開けて、あたしは心の中でつぶやいた。ゆっくりと。

一音一音、くぎるように。

(あ・い・さ・わ・た・け・み)

相沢武海。

そう、書いてある。

あたしがバスで出会った男の子。

雨の朝を大好きにしてくれた人。

相沢武海。

そういうのか。

そういう名前なんだ。

なんだか、宝物でも見つけた気分だ。

「沙央?あぁ、その絵?すごいよね、それ。それでまだ高ニだっていうんだから、まいっちゃうよねぇ。その赤なんか、どうやったら出せるんだか……」

いつのまにか葵さんが後ろに来てて、ちょっと悔しそうな口調でそう言った。

あたしたちが見てるのは夕暮れの公園の風景。

綺麗な夕焼け空の下、三人の子供が遊んでる。あたしはその場所を知らないけど、すごく惹かれる景色だった。優しい、景色だった。

あたしが今いるのは、とある絵画コンクールの入選作展示会場。

といっても、あたしは別に美術部でもないし、過去にそうだった経験もない。杏がそうだってわけでもない。彼女はずっと陸上一筋だし。

ここに来てる訳は、今美大生の葵さんの作品が入賞したからだった。

葵さんの描いた絵は、歩道橋の上で頬杖をついてる女の子の後ろ姿。そしてその足元にちょこんと座る子犬。やっぱり優しい絵だった。

でもね、ごめんなさい、葵さん。あたし、あなたの絵大好きだけど、今日はこの絵の前から離れられそうにないや。

それぞれの作品の下に、作者の名前と証明写真くらいの大きさの顔写真があって、葵さんの絵を見た後ふらふらと他の絵を見て歩いてたあたしは、「名残陽(なごりび)」って題のその絵の前でぴたっと立ち止まってしまったのだった。

彼だ。

バスで会った、彼だった。

本物よりちょっとかたい表情して写ってる写真。その横には「相沢武海」って名前が記されてた。名前だけは知ってる高校の二年生。一つ上の、人。

「知ってる人?」

杏とよく似た顔を小さくかしげて葵さんが尋ねる。造作は似てても、高さは顔一つ分くらい上にあるその顔を見上げて、あたしはあいまいに首を振った。

あたしは、知ってる。覚えてる。あの雨の朝から、二度、雨の日があった。その度、バスで彼を見かけた。見かけて嬉しかった。

でも……彼は、どうなのかな。覚えてくれてるだろうか。あんな、些細な出来事。

あたしにとっては全然些細じゃなかったけれど。

雨の日にしか会えない。

会えても話しかけることもできないまま、その背中を見つめてた。

振り向いてほしいなって、そう思いながら、でもその願いはかなってない。

当然だよね。あたしは願うことしかしてない。まだ。

でも。

でも、この絵。

抱きしめたくなるような、そんな感動をくれたこの絵。

立ち止まったのはね、あなたの写真に気づくより、先だったんだよ。

(相沢武海、くん)

明日、雨になるといい。

どうか、雨が降りますように。


翌日。

雨音で目を覚まして、あたしは思わず神様に感謝した。こんなときだけ、都合がいいけど。

窓を開けて見ると、どしゃぶりってわけじゃないけど、ほどよく降ってる。

少し前のわたしなら、これだけで不機嫌になるところだけど、今は違う。

口元がゆるゆるとほころんじゃう。

「沙央、起きて。雨だから………起きてるね」

いつものように起こしに来てくれた杏を振り返る。ちょっと意外そうな彼女に、にっこり笑いかけたら怪訝そうに首をかしげられた。

「どしたの?いつも寝起きは機嫌悪いくせに……」

だって、今日は雨だもの。

そう心の中で答えながら、あたしは首を振る。

「んーん、なんでも。もう行くの?」

尋ねると杏はうなずいた。

陸上部に入った杏は、最近朝が早い。あたしを起こしに来た後、すぐに出掛けてく。

雨の日でもそれはおんなじらしい。

「うん。バスじゃ遅くなるから自転車で行く」

「雨だよ?」

結構降っているけどなぁ。

「沙央と違って頑丈だから、あたしは」

そう言って杏は出ていった。のんびりしてると遅れるよー、と釘をさして。

わかってるよ。でもね、最近のあたしは、わざと一本遅いバスにしてる。

理由はただ一つ。

あたしはいそいそと鏡の前に立ち、丁寧にブラッシングして髪を編んだ。二つに分けて、サイドを編み込み、残りを三つ編みにする。

だって今日は雨だから。

バス停に向かう足取りは軽くて、スキップでもしそう。

今日のバスは七時五十五分過ぎに来た。いつもと比べたら、結構早く来たことになる。

バスのタラップをのぼり、顔を上げて、あたしは思わず立ちすくんでしまった。

だって。

だって、そこに、彼が。

すごい、近くに、彼が。

どん、と後ろから押された。ああ、後ろが詰まっちゃった。

慌てて奥に詰める。

すぐそばの彼の横を通って。後ろから押されるから、体は自然と彼の方に押しつけられる形になる。

心臓がばくばくした。息がうまくできない。

顔を上げたらすぐそこに彼がいる。体温を感じるほど近くに彼がいる。

(────死んじゃいそう)

どうしたらいいかわかんなくて、どきどきしてるのはあたしだけだっていうのに、すごく動揺して。

気がついたら、彼の腕つかんでた。

「好きですっ」

とっさに出てきたのはなんでだかこれで。

「あの?」

ひくっと片頬をひきつらせて彼があたしを見た。

ああ、違うの、違うんです、いや、違わないけど違うの!

変な奴だって思われたかもしれない。というより、きっと思われたよね。ってか、なんでいきなりこんなこと言ってるかな、あたしは!

ますます焦ってあたしは言葉を重ねる。

「あのっ、あたし、昨日見て、それですごい感激して。葵さんもむちゃくちゃほめてて、あ、葵さんていとこなんですけどやっぱりすごい人で、その人にほめられるんだからやっぱりすごいなぁって、あたし好きだなぁって、特にあの夕焼けの赤なんか、もうほんとにむちゃくちゃ」

───そこまで言ったら。

困惑しか浮かんでなかった彼の顔に、みるみる朱が走った。

(あ、あれ……?)

まっかっか、だぁ……。

「あれ、見たの?」

ものすごく照れた顔でそう聞かれて、あたしはこくんとうなずいた。

「……なんか、すごい照れる……」

真っ赤な顔が、なんでだかあたしはすごく嬉しくて、同じ言葉をもう一度繰り返した。

「あたし、あの絵、好きです。すごく」

そうしたら。

彼は笑ったんだ。すごく嬉しそうに。本当に嬉しそうに。

話しかけてよかった。

少しずつ、近づいていけたらいいな。

「あたし、羽澄沙央といいます」

ぺこん、とお辞儀をした。

「あ………相沢、武海、です」

名乗りあって、どちらともなく笑いあう。

折りしも季節は梅雨。

毎日毎日、降るといい。

毎日毎日、会えるといい。

そう思って、うきうきしていた。

Copyright © 2000-2015 Yuuka Nagisawa All Rights Reserved.