1. Home0
  2. Novel1
  3. 君がここにいる奇跡

君がここにいる奇跡

五章 夢幻想 其のニ

かたん、と。

置いたグラスの中の揺らめきを、貴文はどこか焦点の合わない瞳で眺めた。

───嘘だ。

体中に渦巻く言葉。思い。

それはひとつだけだ。

「……嘘だ」

全身を巡る血が叫び出すかと───そう、思った。彼の話を聞いたとき。

信じられない。信じられるわけがない。

信じるわけには、いかない───。

そんな話を、けれど彼はした。彼らは、した。

あの家に5人。その中で、それを信じられずに否定したのは、貴文ただ一人。

他の四人が事実と受け入れていることを、けれど彼はどうしても受け入れられずにいた。

こんな、馬鹿な話があるもんか……。

そう思うのに、なぜ自分は動揺するのだろう。彼の話が真実でないならば、その理由はないというのに。

また、一口。

置いたグラスを取り上げ、彼は喉の奥に水を流し込む。

家に帰ってきたのは、もう一時間ばかり前のことになる。家の中はひんやりとしていて、外の暑さはすでに過去のものだ。

けれど、貴文の喉は、いつまでたっても乾いていた。

頭の中も熱を持っているかのように、まるで考えがまとまらない。

ただ、繰り返すだけだ。嘘だ……と。

誰かに肯定してほしかった。自分が正しいのだと。彼らの言うことは嘘だと……あの話を信じる必要はないのだ、と。

だが───。

誰にできるというのか、こんな話。

誰が真剣に聞くというのだろう。誰に、真剣に話せるというのだろう。

こんなとき、脳裏に閃く名前はただ一つだ。

康之。

彼なら───彼なら、聞いてくれる。そして、きっと欲しい答えをくれる。

わかっていた。……だからこそ、その名を、心の奥深く、沈めた。

彼に頼るわけには、いかない。彼は彼の道を選んだ。

いつまでも同じ思い出に浸れるわけではない。

いつまでも───この重荷を共有させられない。同じ道を、歩むのではないのだから。

ごくり。

喉の奥に感じる冷たさに、祈る。願う。

これが、悪い夢であったなら───と。

我ながら情けないと思いつつ、けれどそうせずにいられないほどに貴文は、混乱、していた……。


───ここに、天秤がある。

そんなふうに、彼───大滝桂人は話し始めたのだった。

───ここに、天秤がある。

2つの皿には同じ重さのおもりが乗っている。

つまり左と右───ふたつは、つりあっているわけだ。

両手の手の平を天井に向け、天秤皿に見たてて同じ高さにしてみせる。

小さな子供に理科の実験をさせるような……そんな口調で。

───けれど、とある偶然で、左のおもりのごく一部がが風にとばされたとしよう。飛ばされたのは、とてもとても小さなものだ……一見しただけではわからないくらい、ね。

そう言った彼は、だが、と続けた。

───飛ばされたおもりが右の皿のおもりに加わったとしたら……この天秤は、どうなる?

この天秤は、どうなる?

答えを待たずに、彼の手が動いた。

左が上がり、右が下がる。……均衡が崩れた。

それを無感動な瞳で見やりつつ、彼はさらに尋ねた。

───この状態を元に戻すには、どうしたらいい?

話の主旨をいまだ飲みこめず、ただ黙っている貴文へ、彼は告げる。

───簡単なことだ……同じだけのおもりを、左に返してやればいい。

かたん。

天秤は、戻る。均衡を、取り戻す。

貴文は、ぎゅっと手を握った。わけのわからぬ不安に……握り締めた拳で耐えようとした。

───世界は、脆い。あちこちに穴があるくせに、バランスを崩せばあっという間に消えてしまう。われわれは、危うすぎるほどに儚い均衡の上に生きているのさ。

なにを……彼はいったい何を、言っているのだろう?

天秤と世界……均衡……。

何が、言いたい?

───人にも自然治癒力というものがある。それは知っているだろう?

彼の話は、まるで脈絡なくあちこちへ飛ぶ。

いや、脈絡はあるのかもしれない。自分が気付いていないだけで。

だとしても……理解できないことに、変わりはない。

だから、黙って彼の口にする言葉を、耳におさめていくしかない。

───世界にも、あるんだよ。自己修復能力……とでも呼ぶべき力が。

欠けてしまった部分を別のもので補う……足りない部分を補完しあう、システムが。

補完?

なにとなにが、補完しあうというのか。

世界は一つだ。自分たちが生きている、この時代。

他になにがあるというのか。

───穴から落ちた因子を、別の因子に置き換える。

左から失われたおもりを、右のおもりが補うように。それは、同じものでなくてもいい……質量が同じであれば、均衡は崩れない。

まるでわけのわからない言葉の羅列───それがじわりと形を成し始めていた。

同時に言いようのない不安が心に巣食うのがわかる。

痛いほどに拳を握り締めても消えようのないほど……それは、色濃く深く、貴文の内にあった。

───失われたのは理穂、補われたのが、千津穂……。

信じない、とかぶりを振った。

これ以上はもう、聞きたくない。

そんな貴文をしっかりその目は捉えているのに、けれど彼は続けた。

───補完しあう世界は……過去、現在、未来。時空の歪みがあるのは、そのためだ───。

貴文が信じようが信じまいが、それが真実なのだと彼は告げた。

それは宣告にも似て。

貴文が信じてきた日常を根本から揺るがすような、そんな力を秘めて。

「嘘だ……」

しぼりだした言葉。

握り締めた拳をかすかに震わせ。

「嘘だ……」

こんな、人を馬鹿にした話があるか。

こんな話を信じろと───!

四人を順に睨みつけた目が、最後に千津穂と合った。

悲しそうな……痛みを堪える色をたたえて。

「ごめんなさい」

否定ではない。

聞きたくなかった言葉を、彼女が紡いだ───。

Copyright © 2000-2015 Yuuka Nagisawa All Rights Reserved.