1. Home0
  2. Novel1
  3. 君がここにいる奇跡

君がここにいる奇跡

四章 時を告げる鐘 其の三

「………里中?」

かけられた声に、千津穂はびくっと肩をこわばらせた。

……この、声……。

聞き覚えのある、そしてある理由から聞き間違えるはずもない声。

「樹川くん……」

振り返り、その名をつぶやいた。

Tシャツにジーンズといったラフな格好で彼がこちらを見ていた。

「……偶然だね……」

ちょっと笑ってそう言うと、彼は少し首をかしげた。物問いたげな視線。

…………………?

つられて千津穂も小首をかしげる。

「いや……なんか、元気ないかなと思って」

そう言われて驚いた。

確かに元気はない。……あるわけもなかった。あんな話を聞いたあとでは。

でもそんなの、表には出していないつもりだったのに。

「そんなことないよ?」

いつものとおりに笑ってみる。

けれど、樹川貴文は渋い表情で自分を見つめるのみだ。

……笑えてない、のかな……?

今まで誰もなんにも言わなかった。だから大丈夫なんだと……ちゃんとできているんだと、安心していたけれど。

そんなことはなかった……?

少し、不安になる。

だって、だとしたら、あの人にも心配をかけていたことになる。

それだけはあってはならないことなのに。

「……無理、してるみたいに見えるけどな……」

だから、少しむきになった。

大丈夫なはずだ。そういうふうにがんばってきたんだから。

「大丈夫だよ」

少し強い口調でそう言うと、彼は少し驚いたように目を見開いた。

ああ、しまった。

そう思ったけれど、出てしまった言葉は戻らない。

うつむいて次に言うべき言葉を探す千津穂に、貴文はぎこちない口調で話し掛けた。

「ちょうど、探してた」

……え?

とくん、心臓がはねる。

───ちいちゃん、貴文好きなの?

いきなり脳裏によみがえった夜宵の言葉に、千津穂は戸惑った。

……なんで?

「リョウが病院だって言ったから、……ここかなって」

この町はそう大きくないから、病院と言えば限られる。家の場所と長期入院、ということを合わせ考えれば、どの病院かなんて、言わずと知れたことだった。

「おふくろさん……悪いのか?」

ずばり尋ねた貴文に、千津穂は自分でも思いがけなくうなずいていた。

本当ならここは否定すべきところだ。だって、そう信じているんだから。

…でも。

不器用だね、樹川くん。

そんなふうにずけずけ聞いたら普通気を悪くするよ?

そう思いながら、全然そう感じていない自分がいる。

直接的な言葉を使いながら、けれど彼に悪気なんてないのがよくわかる……そんな話し方をしてくれるから。

……だから。

「今年いっぱい、持つかどうかわからないって………」

言いながら、泣きたくなった。

どうして彼に話しているんだろう?

誰にも弱音なんか吐いたことない。吐かなくてもがんばれるもの。

なのに……わたしは今、何を言っているんだろう?

「……里中、帰ろう?俺、送っていくから」

貴文の声が、優しく聞こえる。……実際優しいのだろうけれど、きっと実物以上に、自分には優しく聞こえている。だから甘えてしまいそうになるのだ。

駄目だ。こんなんじゃ駄目だ。強くなくちゃ。

甘えたらいけない。他に、誰もいないから。

それに───。

「本当のこと」を知ったら、きっと彼もこんな優しい言葉をかけてはくれないはず。

だから。

「平気だってば」

かたくなに繰り返した。助けなんかいらない。

ほんのしばしの沈黙。

早く立ち去ってくれればいい、と思った。

彼がなぜ自分を探していたのかは知らない。でも今はそっとしておいてほしかった。

一人になって、なんにも考えず、ただぼんやりとしたかった。

なんにも……考えたくない。

なのに彼は言うのだ。

「帰ろう?」

とても心配そうな声。

優しいね。優しいね、樹川くん。

いつだったか、安西くんが言ってたな。貴文は女に甘すぎるんだって。

苦手なくせに甘すぎて、自分で墓穴を掘るんだって。

……わかる気、するな。

本当に優しい顔を、するんだね。

その表情がいたたまれなくて、千津穂はこくりとうなずいた。

並んで歩き出す。どちらも何も言わず、ただ黙って歩いた。

夕暮れの中を、ただ黙って歩いた。

……なんで、わたしを探してたのかな。

それが気になったけれど、貴文が黙っていたから聞かなかった。


「送ってくれて、ありがと」

家の前。

ぴょこっとお辞儀をした千津穂に、貴文は表札を見ながら尋ねた。

「遼平……って。弟?」

つられたように千津穂も表札に目を向ける。

里中秀一郎、茅乃、千津穂、遼平。

仲良く並んだ四人の名前。

「うん、そうだよ。二つ下の」

二つ下、という言葉に貴文は少し反応したようだった。

一瞬動く表情。

けれどそれはすぐにかき消える。

───この人も。

その横顔を千津穂は複雑な思いで見つめた。

この人も、同じ……。

でも、決定的な違いがある。そのことを自分は知っている。

「……元気、出せよ」

ぽつんとつぶやかれた言葉にうなずいた。…そのまま、家の中に入ってしまえば、よかった。

次の言葉なんて、聞くんじゃなかった。

「俺にも、わかるからさ……」

───泣きたく、なった。

慰めてくれてると、元気づけようとしてくれてると、頭ではわかったけれど。

…………違う。

違うじゃない。

半分背を向けかけていた少年に向かい、千津穂は思わず口走る。

「わかるわけないじゃない!」

驚いて振りかえる彼。

駄目。言っちゃ駄目。

駄目なのに───!

「里中……?」

うながされるように、言葉をたたきつけた。

「わかるわけないよ!だって理帆ちゃんは生きてるじゃない!!!」

ゆっくりと、貴文の表情が凍りつく。

それに比例するように、千津穂の心も凍りついた。

───わたし、何を……。

何を、言った?

決して言ってはいけない言葉を、決して聞かせてはいけない人に……告げた。

なんてこと………!

「今、なんて………」

知らない。わたしは何も知らない………!

言葉もなく首を横に振った。一歩、下がる。その、肩に。

とん、とあたる感触。

え?

肩越しに見上げるそこには、一度見た顔があった。

どうしてこの人が……?

ぐちゃぐちゃになった頭がさらに混乱する。

「言っちゃったね、千津穂」

ため息混じりの声が、後ろからそう言った。

Copyright © 2000-2015 Yuuka Nagisawa All Rights Reserved.