1. Home0
  2. Novel1
  3. 君がここにいる奇跡

君がここにいる奇跡

三章 風の薫り 其の四

窓から入った風が、さぁっとカーテンを揺らした。

「ああ、気持ちがいい」

ゆっくりとその空気を吸い込みながら、茅乃はつぶやく。

窓のそばで揺れるのは、花瓶に生けられたひまわりの花。

家の花壇に咲いたのを、娘が持ってきてくれたのだ。ずいぶん長く帰れていない自分に、少しでも家の空気を味わわせてやろうと。

直に吸える空気の、なんとおいしいことか。

なんと幸せなことか。

鼻の周囲には今もまだ、酸素マスクの感触が残っている。

入院して四ヶ月。不自由極まりないこの生活も、もう少しで終わる。

やっと。……やっと、帰れるのだ。

娘にもずいぶん迷惑をかけた。文句の一つも聞かなかったが……いや、聞かなかったからこそ。

申し訳ない気持ちになる。

でも、それももう少しのこと。

もう少ししたら……彼女を解放してやれるのだ。

ふぅ。

知らず吐息がもれた。

もう少し……もう少し。

そう思ってこんなに経ってしまった。

けれど、今度こそ。

今度こそ、わたしは帰る。

あの家に────。

Copyright © 2000-2015 Yuuka Nagisawa All Rights Reserved.