1. Home0
  2. Novel1
  3. Irreglar Mind

Irreglar Mind

第8章 偽装愛 - 2 -

自分がとんでもない間違いを犯したことに気がついたのは、それから一週間後のことだった。

珍しくまともなデートらしく映画に行く約束をして待ち合わせていた場所に、これまた珍しく遅れてやってきた高江は、その日いつもと様子が違っていた。

ただならない様子を感じて彼を見上げた俺は、彼の中に明らかな怒りの色を見てとって動揺した。

どうしたっていうんだろう?

この時点でも俺は、自分がなにか悪いことをしたなんて、全然思ってなかったんだ。

なにも、やましいことはしてないと……。

その瞬間、高江が押し殺した低い声で言ったのだった。

「さっき樹から電話があった。お前……あいつに好きだって言ったのかっ?」

ぐいっと腕をつかまれて……俺はすくんだように動けなくて、ただ、高江を見ていた。

その時になってようやく、気づいたんだ。

1週間前のあのときのことは、高江に対する裏切り好意だったって。

俺は樹への想いを忘れるために力を貸して欲しいと高江に頼み、彼はそれを受けた。

俺の言葉を信じて、俺を助けるためにそうしたんだ。

なのに俺は、樹に言った。好きだって。

俺は、大馬鹿だ!高江の誠意を、裏切ったんだ。

言い訳の余地なんかなかった。

あの時俺は、好きだって言いたくて言ったんだから。

胸が押しつぶされるような思いでうなずいた瞬間、高江の言葉が降ってきた。

「なら、もう終わりだ。今後おれとお前は一切関係ない。いいなっ?」

その声はすごく冷たくて、突き刺すようだった。

傷つけた……!

くるりと背を向けた彼の腕をつかみ、俺は焦って言った。

「ごめんっ!」

これで終わりだと思いたくなかった。

どんなことをしてでも、引き止めたかった。

弁解でも、きっと話せば高江なら分かってくれる……そう、思ってた。

けれど────。

「謝ることはない。お前は自分に正直だっただけだ。しょせんおれたちの関係は偽物だったからな。樹は今フリーだぞ。せいぜいがんばってみるんだな」

高江は俺の手を振り払いながら冷ややかにそう告げて、足早に去って行った。

俺は呆然としながら、これが裏切りの代償なのだと、思った。

だけど、これは痛すぎる……今の俺には最高の痛手だ。

高江は言ったけれど……俺たちがつきあっていたのは、偽物の関係だと言ったけれど。

最初は、そうだったのだけれど。

偽装の関係が断たれた今、どうしてこれほど悲しいんだろう。

なぜこんなに胸が苦しいんだろう。

気が遠くなるような錯覚を覚えるほど、全身から力が抜けて行くみたいで……。

どうしてか、なんて……本当はずっと知っていた。

だけど知らないふりはまだ許されると……そう思っていたんだ。

まさか、こんな終わりを予想もしないで。

答えは、一つきりだ。

だけどその答えを認めることは、もう俺には許されないんだ……。

Copyright © 2000-2015 Yuuka Nagisawa All Rights Reserved.