1. Home0
  2. Novel1
  3. Irreglar Mind

Irreglar Mind

第3章 男と女の間に友情は成立するか - 1 -

樹とはもう会わない。

そう、思ってたんだよ、本当に。

ところが、ところがぁっ!

会っちまったんだよなぁ、これが……。

高江と約束した次の日の帰り、だった。

要するに樹と初めて会った日から二日後だ。

うちの高校って私服だから、俺はジーンズとパーカーってラフな格好で、いつものように彰子とバスに乗った。

したら。

「あれぇ、瑠希じゃないか?偶然だな、同じバスだなんて」

耳に飛び込んできたその声に、思わずタラップの途中で硬直したね。

な、なんでいるんだよ……?

そんなの樹の勝手だってわかってるんだけどさ、思わずそう思ったね。

だってやばいぜ、これって……。高江と約束したのに。

俺はとっさにバスを降りかけ、そんな俺の目の前で昇降口はぷしゅーっという音をたてながら閉まったのだった、くっそ。

動き出したバスの中を、俺はぐるりと見回した。

樹はこの間のように一番後ろのシートに、友達らしい男と座っていて、こっちを見て手を振っている。

「空いてるぜ、ここ」

がらがらってわけじゃないけどそこそこに空いているバスの中、最後部座席は男二人が占拠してはいるものの、まだ余裕はあって。

俺と彰子なら、楽に座れるのは見てわかる。

わかるけど……けど、でも、そうは言ったって!

俺は約束したんだ、もう会わないって。

樹のことは嫌いじゃないし、嬉しいか嬉しくないかで言えば、はっきり言って嬉しいけど。

でも、もう会っちまってるんだ。不可抗力とはいえ。

だったらここは、これ以上新密度を上げない努力を、すべきじゃないか?でないと、高江との約束を、故意に破ったってことにならないか?

ここで隣りなんぞに座って仲良く話に花を咲かせてみろ、それって立派に約束違反だよな?

それって嫌だ、そんなことしたら高江の顔が見れないよ。昨日の今日だぜ、あいつと約束して。

それで俺は彰子を引っ張って、別の席に行こうとした。できるだけ前の方に。

それなのに、ああ、それなのにぃっ!

彰子はちょっとはにかんだように笑うと、とととっとそこに近づいていって、すとんと座ったんだ。樹の隣りにいる男の横に。ちょこんと。

「しょ、彰子っ?」

普段はおとなしい彼女の、その珍しくも大胆な行動に度肝を抜かれて、思わず声をあげた瞬間。

「瑠希ちゃん、美波さん」

隣りのやつを紹介する彰子の言葉が、小さく聞こえた。

何っ?

俺はびっくりして、そいつの顔をまじまじ見たよ。

美波だと?

見覚えがあるようなないような……多分すっかり忘れているっぽい気がひしひしするけど。

同級だった美波のほうはまだ覚えてるけど……あんまり似てる気は、しないな。

精悍な顔立ちの人で、よく整っていて、いかにもスポーツマンって感じに日に焼けていた。

……なんだか、この二人って、美男美女のカップルだな……。

なんて、並んだ二人を見て、しみじみ思ってしまったり。

でも、ちょっと待てよ。

美波の兄貴ってたしか、俺たちより一つ年上のはず。その人と一緒にいるってことは……。

「樹、お前って今いくつ?」

気づいたら、話しかけちゃってた。

樹は俺に座るようにって仕草をしながら答えた。

「十七。お前よか、いっこ上」

へぇ、年上かぁ……。

俺は座りながら、なんだか不思議な感じだった。

こいつ、年上のくせに高江に心配されてやんの。

そう思って、はっとした。

げっ、俺、座ってるしゃべってる、どうしようっ!

しかも俺が座ってんのって、樹の隣りの窓側。

だって彰子は美波の兄貴とくっついてたいだろうし、それの邪魔をしちゃ悪いと思って。

とはいえ、これって……約束違反、だよな。立派に、完全に。

ど、どうか高江に見つかりませんように!

俺はそう祈りつつ、早くバスが止まればいいと思ってた。

そんな俺に、樹が思い出したように言ったんだ。

「そういえばお前、高江に会った?」

その口から高江の名前が出てきて、俺はどきっ。

くっそ、ばかやろう、心臓に悪いんだよ、今その名前はっ!

心の中で理不尽な言いがかりをぶつけながら、俺は平静を装った。

「会った。昨日、お前に聞いたからって教室まで乗り込んできて、帰りにラーメンおごらされた」

そうなんだよ、昼休みは結局学食は取りやめになって、でもって、忘れてくれないかな、なんて俺がひそかに都合よく期待してたら、帰りに近くのラーメン屋に引きずってかれて、おごらされた。

だよな、甘いよな、そんな期待はな…………。

「……あいつ、ラーメンなんか食うのか……」

なんか、樹がびっくりしたように、そう言った。

わかる気はする。俺も意外だったもん。なんか、ラーメン屋なんか似合わない雰囲気あるんだよな、高江って。

高級レストランとか、そういうのが合いそうな。

でも案外、ラーメンすする姿も似合ってたんだけどさ。

だけど、樹も知らなかったなんて、なんとなく優越感。なんでだか知らないけど。

「よく行くって言ってたぜ。お前、一緒に行ったりしないの?」

年上だって聞いても、お前って呼ぶことに抵抗がなかったりするのは……やっぱり、出会いがアレだからかな。オカマ。

「ないなぁ、そういえば。あいつのリクエストって、てっきりフランス料理とかそういうのだと思った」

あ、似たようなこと考えてら。

「なんだぁ。俺、あんまり変なものおごらされるのが嫌で瑠希に押し付けたのに、なんか損したなぁ」

なんと、そんなせこいことを考えてたのか。

思う存分悔しがれ。ざまーみろだ、わはははは。

俺は悔しがる樹が面白くて思わず笑ってしまい、ぎろっと睨まれた。

でも怖くないもんね、残念でした。

そのとき、樹が言ったんだ。

「なぁ、あの子、美波の彼女だろ?なんでお前と一緒だったんだよ」

は?

俺はなにを言ってるんだろうときょとんとした。

「いつも一緒に帰ってるからだけど?」

そんなの、別に不思議に思うことじゃないと思うけどな。

だけど彼はまだ納得しかねる様子で彰子のほうを見、声を低めて俺に尋ねた。

「……お前、彼女に惚れてるのか?」

はあぁ?

なに寝ぼけたこと言ってんだよ。

俺は思わず目をむいて樹をまじまじと見つめた。

俺が彰子に惚れてる?やめろよ、気色の悪い。なんでそういう発想がすらっと出てくるかな……。

そう思って。そこで気づいた。

そうか。そうだ。忘れてたよ。樹って……俺のこと、男だと思ってるんだ。

そういえば、言ってない。なんだ、そうか。

思わずほっとして、笑ってしまった。

それが気にいらなかったのか、樹はちょっと声を尖らせて、

「笑い事じゃねーだろ、美波だってきっと思ってる」

さぁ、どうだろうな。美波の兄貴、俺が女だって多分知ってるはずだけど。

俺はにやにや笑っていて、樹は憮然としてそっぽを向いた。

その仕草がちょっと子供っぽくて、かわいかった。

「別に男と女が友達だって、おかしくないだろ」

横を向いた彼にそう言ったら、きっぱりした否定が戻って来た。

「おかしい。俺は、男と女の間に友情は成り立たないと思うね」

そっちの方がおかしいぜ。

樹の言う通りだとしたら、世の中の人々みんな、異性の友人がいないことになる。

そんなことってないだろ。

だけど樹は言うんだ、断固として。

「それは表面だけの付き合いだからだ。友情を深めていって、いろんな相談をしたり、二人で会ったりするようになったら、それは恋だ。異性同士の親友なんて、だからありえない。会ってるうちにお互いが意識するようになって、特別視するようになる。そうしたらもう、友情じゃない」

そうかなぁ……。

だけど俺、樹や高江とだったら、友達になれる気がするぜ?

樹の考えには、ちょっと賛成できないな。

俺が考え込んでいると、樹はすっぱりと言いきった。

「わからないのは、お前が本当の恋を知らないからだ」

なにおっ?

そーいうお前はどうなんだよ、と言いかけて、思い出した。

そういえばこいつ、彼女いるって言ってたっけな、高江が……。

そこで、また思い出した。

だからぁ、俺、樹としゃべっちゃだめなんだって、約束なんだから。

どうしよう、なんかさっきからこればっかりだよな。

気にしてはいるんだけど、樹と話すのって、気をつかわなくていいから楽で自然で、楽しいんだ。

今日のことは高江には黙っておこう、きっと今度こそもう会うことはないだろうから……って、そう思ったときだった。

狙い済ましたようなタイミングで、席を立った樹が。

「それじゃ、また今度な」

はへ?「また今度」?

今度ってなんですか、おにーさん……と、目を丸くしているうちに、樹はさっさとバスを降りて行ってしまった。

疑問だけが残ったぞ。むー。

俺、どっかで会う約束なんかしたっけ?それって大問題だと思うんですが。

てか、全然覚えにありませんが。

悩む俺に、彰子が言った。

「今度、文化祭に来てくれるんだって」

にこにこにこにこ。

とっても幸せそうな顔をしてるね、彰子。

でも俺はとっても笑えない。

文化祭だとぉ……?

西園寺の文化祭は、明後日の金曜から三日間。

土曜の午後と日曜は、外部の人間も入ってくる。そのときに来るってこと……か?

おいおいおい、勘弁してくれよぉ……。

Copyright © 2000-2015 Yuuka Nagisawa All Rights Reserved.