1. Home0
  2. Novel1
  3. ヴェイルの守護者

ヴェイルの守護者

九章

タリア……タリア、どこにいる?

懐かしい声が呼んでいる──けれどそれは遠くて。

わたしの声が聞こえるか?

答えを求めるような、自問のような問いかけ。

姫様。

やめてください、姫様。

タリアはもう、呼ばれても声が出せないのです。

あなたに、声を返せない。

男に裂かれてしまった喉を、指でなぞる。

どくどくと流れ続けているのは、真っ赤な鮮血──人としての、命。

必ず助けに行くから。

だから、待っていろ、タリア。

いいえ、姫様。

来ないでください。

わたしを見ないで……お願いですから、この姿を。

奪われた声。

もう、呼べない。

けれどよかったのかもしれない。

だって言いたくはなかった──遅すぎた、だなんて。

あなたの悲しむ顔を見たくない……あなたに恨み言を言いたくないから。


「ヨーラ」

声が響いた。

ヨーラは物憂げな様子でその方向に視線を動かす。

「……こいつ、うるさい」

顔をしかめて言うと、彼は苦笑を浮かべた。

「まだ『いる』のか……なかなかしぶといな」

ヨーラは面白くなさそうに、ふんと鼻を鳴らす。

「気に入らない」

わがまま全開の口調に、彼は肩をすくめた。

「しばらくは我慢しろ。……わたしはなかなかのものだと思っているのだがね」

「お前は変だ」

あっさりそう言われてしまっては返す言葉もない。男は苦笑するのみだ。

「しばらく……だぞ。ずっとなんて、ごめんだからな」

高飛車な物言いでそう言って、ヨーラは再び視線を男から外した。

見つめるは虚空。

なんの感情も宿らぬ瞳で、ヨーラは空を見つめる。

Copyright © 2000-2015 Yuuka Nagisawa All Rights Reserved.