1. Home0
  2. Novel1
  3. ヴェイルの守護者

ヴェイルの守護者

八章其の弐

「やれやれ」

周囲に誰もいないことを確かめてから、オフィルはこきこきと肩を鳴らした。

……ああ、疲れる。

自ら選んだこととはいえ……やはり人と接するのは億劫だ。

もう一度誰もいないことを確認した。

ここは術師長専用の瞑想室、他に誰かがいるべくもないが、念には念を。

それほど気を配ってもまだ足りない──そんなことを、自分はしようとしているのだから。

手にしていた人形を、部屋の中央にある台の中心に据える。

凛とした表情の中にかすかに寂しさをにじませた少女の像。

我ながら会心の出来だな、と、すこぶる珍しいことにオフィルは自分で自分を誉めた。

「……では、はじめましょうか」

つぶやき、目を閉じる。

手を人形の上にかざして。

ゆっくりと脳裏に像を描き出す。記憶から映像を鮮明に抜き取る。

顔。声。仕草。

自分の知っているすべて。

自分の五感がとらえた彼女のすべて──自らの内に再現し、描き出す。

歩き方話し方、視線の配り方、眉をひそめる癖、怒った顔笑った顔……泣いた顔。

声の調子、アクセント、言葉遣い。

肌の感触、体温の具合。

覚えているすべてを、一つ一つ探り出し、丁寧につなぎ合わせる。

──そして。

ふ、と部屋の空気が揺らいだ。

自分以外の誰かが部屋の中にいる証。

オフィルは静かにゆっくり目を開けた。

「──オフィル」

少々ぎこちない話し方で彼女が呼ぶ。

「はい」

微笑む彼をしげしげと眺める少女。

「……オフィル」

今度の呼びかけはなめらかなものに変わっていた。

「はい……ディナティア様」

少女は少し首をかしげた。

「ディ……ナ、ティア」

繰り返す。

「ディナ、ティア……」

ふ、と。

その口元が緩んだ。瞳に浮かぶは揺るぎ無い視線。

「そう。わたしはディナティアだ」

Copyright © 2000-2015 Yuuka Nagisawa All Rights Reserved.