1. Home0
  2. Novel1
  3. ヴェイルの守護者

ヴェイルの守護者

四章

「お前は生きた眼をしているのだな。珍しい……。いい拾いものをした」

タリアの顎に手をかけて、男はくつくつと笑い声をたてた。

美しい、笑い声を。

「手放すのは惜しいが、あいつには代えられないからな。……まぁ、しかたあるまい」

しかたない、といいつつ、男の手は未練を帯びてタリアに触れる。

笑みに細められた彼の瞳は見事なばかりの銀であった。

彼の名をタリアは知らない。タリアを魅了する美しい存在として、彼はそこにいた。

本来なら憎むべき相手を、けれどタリアは静かな顔で見つめている。

……否、憎んでは、いたのだ。

大切な大切な存在から、自分を引き離した男。

憎んでも憎んでも憎み足りない。

その思いを抱えながら……けれど愛していた。決して実ることはないと知りつつ、男に焦がれていたのだ。

憎しみと愛情。

感情の二律背反。

狂おしいまでの葛藤を、タリアは必死で内に抱え込む。

弱みなどみせない。

それが最後の砦。

「わたしを殺すのですか?」

恐怖というものを知らないかのように、彼女は凛としていた。声も震えない。視線も揺るがない。

ただ、静かな問いかけ。

「ああ」

返るのは短い肯定の言葉。

嫌だ、とは不思議と思わなかった。怖い、とも。

ただ気がかりなのは、別れを告げることも許されなかった主君の少女。

ただ一人、忠誠を捧げた、自分の主人。

──姫様。

言葉にならない想いを祈りに託す。

タリアは幸せでございました。

姫様のそばにいられて、幸せでございました。

きっと彼女は怒るに違いない。泣きながら、猛烈に腹を立てるだろう。

許さない、と。

誰が死んでいいと言った、と。

そう言って、なじるだろう。

まだ見ぬ、そして決して見ることのない未来の光景が、タリアには手に取るように分かった。

姫様。

わたしはもう姫様のおそばでお仕えすることはできませんけれど。

ずっと、そばにおりますから。

タリアは姫様についておりますから。

誰よりも大切で、愛しい存在。

守ってさしあげねば、といつも思っていた。女官の身でありながら、ずいぶんさしでた真似も幾度かした。

すべては、ただ一人のため。

自分にだけ心を開いてくれた、ただ一人の。

絶対に一人になどしませんから。

だから、お許しくださいましね──。

幾度謝罪の言葉を祈りに乗せただろう。

少しでもいい。この想いが、あの方に伝わりますように。

タリアは裏切ったのではないと。

いつでも一緒だと。

伝わりますように──。

一筋、涙がこぼれおちた。

男の指が、それをすくいあげる。

「お前は美しいな。本当に……美しい」

指先に宿る輝きを見つめて、彼はそんな言葉を口にした。

言ってはいけない……わたしをほめてはいけない。

すでに想いが苦痛になりはじめているというのに、これ以上の言葉を耳にしたら。

きっと耐えられなくなる。

言葉以上のものを求めてしまう……それすなわち敗北だと。

それがわかっていたから、タリアは心を閉ざした。

何も感じぬように。

これ以上、愛さないために。

姫様。

──助けて、ください…………!

叫びを、祈りに変えて。

Copyright © 2000-2015 Yuuka Nagisawa All Rights Reserved.