1. Home0
  2. Novel1
  3. 君がここにいる奇跡

君がここにいる奇跡

三章 風の薫り 其の一

───どうして……?

尋ねたら、困ったように首をかしげていたっけ。

窓の外を切なく眺めながら理帆は思い出す。

───どうしてわたしが理帆だって知らせてはいけないの?

困らせるつもりなんてなかったから、その表情に戸惑った。けれど聞かずにはいられなくて。

だって。

だってきっと探してる。

探してるはず。……声が聞こえるもの。呼んでるもの。

だからわたし、忘れてない。

……なのに。

───彼はきっと信じてはくれないよ?

答えの代わりに与えられた言葉に、理帆はふくれる。

───そんなことないもの。だってわたしは理帆だよ?わかってくれるもの!

駄々をこねるようにそう言った。

無条件の信頼。

彼は、わかってくれるもの。

それがどこから来るかは知らない。根拠なんかないけれど。

でも、分かるから。絶対そうだから。

───おにいちゃんだもん!わたしのおにいちゃんだよ、お父さん!

大好きな優しい顔が、困ったまんまで微笑んでいる。

少し悲しそうな光が、その瞳に浮かんでいる……なぜ?

噛み締めるような口調で、父は言った。

───お前は選ばなくてはならないね、理帆。どちらかひとつだけを。


「選ぶって何?」

きょとん、とした。

なんだろう、どうして深刻な顔なんかしているのだろうか、父は。

見たことのない表情だった。いままで、こんな顔を見せたことなんてなかったのに。

「理帆はお兄ちゃんの所に帰りたいのかい?」

問われた言葉にまた驚いた。というよりそれはなじまない問いだった。

……………………帰る。

全然しっくりこない表現を父が使ったせいだと気がついて、理帆は首をひねる。

帰る……?

「わたしの家はここだよ?」

今までずっとそうだった。そしてこれからも。

帰る場所は決まっているのに。

「知らせるだけよ、お父さん。理帆は生きてるって。安心させてあげたいだけ」

……毎夜、聞こえる声。

───……理帆!

呼ぶ、声。

たった一つ、自分を繋ぐもの。

呼んでいるから答えたいだけ。不安がっているから大丈夫だよって伝えたいだけなのに。

「理帆はすっかりこちらになじんだね」

いつもと変わらない穏やかさで話している、はずの父の言葉が一つ一つ気にかかる。

それは、どういう意味……?

尋ねた方がよいのか、尋ねない方がよいのか……?

「……お父さん?」

言葉の裏側の意味を探り出すには、理帆はまだ幼すぎた。不安げな面持ちしかできない自分が歯がゆい。

「理帆は自分がどうしてここにいるのか、納得しているだろう?」

どうしてここにいるのか。

「お兄さんのところから離れて、どうしてここに来てしまったか、知っているだろう?」

どうしてここに来てしまったか。

「……なんだか、いけないことに聞こえるよ、お父さん」

ぎゅうっと両手を握り締めてそう言う。

なんだろう。

なんだろう、この不安は。なにが、怖いというの……?

「───お兄さんは、信じてはくれないよ?」

なんだか急に胸がどきどきしだした。わくわくするようなどきどきではない。

とても気持ちの悪い、どきどき。

……なんなの?

「わたし、ここにいていいんだよね?わたしはお父さんの子供だよね?」

不安の正体がわからないから余計に不安になる。

父の服の裾をつかんで、訴えた。くん、と首をそらしはるか上の顔を見上げる。

「理帆」

すっと彼が腰をかがめた。同じ視線の高さ。それだけで胸のどきどきが少し静まった気がする。

「理帆はお父さんの大事な子供だよ?それは確かなことだ」

ほっとした。

けれど。

「でも、お兄ちゃんの妹でもあるんだよ」

……え?

でもってなに?

お父さんの子供であることと、お兄ちゃんの妹であることは、違うことなの?

どうして?

……どうして?

問いは声にならなかった。言葉にできるほどそれははっきりしたものではなく、漠然と頭に浮かんだその疑問を、理帆自身が受け入れられなかった。

まだ、十歳。

この父の娘になって六年。

すべてをありのままに受け入れてきた。なにも不思議になんて思わなかったけれど。

たったひとつ、悲しかったこと。

……おにいちゃんは?

父の娘になる前のことは、ほとんど覚えていない。けれど、毎晩見る夢のせいでたった一人だけを覚えている。

あれはおにいちゃん。

最初は誰だか分からなかった。どうして自分を呼ぶのか分からなかった。

それはとても悲しい声。

夢を見た後は、必ず泣きたくなる。

どうして?

無性になつかしかった。会いたかった。話したかった。彼に、答えたかった。

それだけ。

それだけなのに、今度はお父さんが悲しい顔をするの……?

「理帆は、選ばなくてはいけないよ」

同じ言葉を父が繰り返す。

「選ぶ」……?

それはどういう意味?

「焦ることはない。ゆっくりでいいんだ。……けれど、どちらか一つを選ばなければいけない」

どちらかひとつ。

それはお父さんかおにいちゃんてこと?

どうして選ばなくてはいけないの?

尋ねたかったけれど。

……お父さんもおにいちゃんも両方持ってる子、たくさんいるよ?どうして理帆は違うの?

そう言いたかったけれど。

父の悲しそうな顔に黙り込んだ。

喉もとの言葉を飲みこんだ。

「……わたしはお父さんの子だよ?」

一生懸命そう言ったのに、父はますます悲しそうに……微笑んだ。

「焦ることはないんだよ、理帆。まだ今は決める必要はないからね」

そうして、頭に手のひらを乗せた。


焦ることはないと父はあのときそう言った。

けれどそれから時は流れ……「選択」のときは来てしまった。

考える時間は山ほどあった。そのために父は幼い自分にあんなことを言ったのだから。

答えはちゃんと出ているはずだった。……いや、出したのだ。

出したから、「選択」は終わった。そのはずだったのに。

「……どうして、会っちゃったの」

理帆の唇から落ちるつぶやき。

会ってはいけなかった。

会ってはいけなかったのに。

会ってしまった。

決めたはずの心が揺らいでしまうと、わかっていたから会いたくなかったのに。

あの声を必死に振りきって決めたのに。

「もう、なにも変えられない」

……変えるつもりが自分にないことも分かっている。

「選択」に迷いなんか残っていない。あれは確かに自分が選んだ道。

その心を自分が一番知りながら、けれど揺れるのだ。

切り捨てたもう一方の選択が、後ろ髪を引く。

「……早く、帰りたいよ……」

でなければ何をしでかすか。

帰る日は近づいている。そうすればもう怖いことはない。不安に思うこともない。

きっぱりはっきり訣別できてしまうはず。

だけれど。

ぽたんぽたんと落ちてくる雫に、唇を噛み締める。

この涙は何を想ってわいてくるのか。

……その答えは、わからないふりをした。

Copyright © 2000-2015 Yuuka Nagisawa All Rights Reserved.