1. Home0
  2. Novel1
  3. Irreglar Mind

Irreglar Mind

第7章 封恋 - 3 -

「いつまで二人でしゃべってんだよ。みんな待ってんだぜ」

少しいらいらした口調でそう言いながら樹が入ってきた。紗夜さんの車椅子、押して。

ああ、やだなぁ、心臓が痛い……。

「瑠希、平気なのか?いきなり倒れるから、びっくりしたぞ……」

心配そうにそう言う樹の顔を、俺はまともに見ることもできずにいた。

実は、樹の顔を見た瞬間にあがっちまって、真っ赤になってしまっていたんだよな。でもって一度意識しちまうともう冷静になれなくて、口をきけばきっとどもると思ったし、何も言えなくてうつむいてたんだ。

そうしたら樹は俺の具合がよくないんだと勘違いしたらしくて、言ったわけ。

「大丈夫か?」

でもって、ひょいっとのぞきこまれたりして……心臓に悪いったらありゃしない。

くそぅ、しっかりしろ、俺の心臓。

すっごくどきどきしながら、かろうじて首を縦に振る。

俺、本当に好きなんだな、樹のこと。これくらいであがっちまうなんて。

さめてるだの冷たいだのかわいげがないだの……そう言われつづけて16年、この俺がよもやこんなふうになるなんて、きっと誰にも想像できなかったに違いない。

樹と知り合ってからこっち、涙腺は緩むわ、性格は変わるわ、男の好みまで変わっちまうなんて。

半年前までの俺なら、絶対樹なんて好きにならなかった。

そうだな、高江みたいなタイプの方が好きだったんだ。落ち着いてて、大人びた雰囲気を持ってて、物腰の静かな人。

……俺をふったあいつも、そういう奴だった。

「ストレスだって?間違ったって悩みなんか抱えてそうにないのになぁ……」

それってものすごく失礼な発言じゃないかっ?

俺の顔をのぞきこんだまま、くすくす笑ってそう言った樹に、俺はちょっとむっとしたけど、それはすぐにため息になる。

それでも、好きなんだよなぁ。惹かれてる、すごく。

ものすごく惹かれて、むちゃくちゃ惹かれて、息がつまりそうだ。

俺は、おかしくなっちゃったのかもしれない。

そう、思うほどに。

苦しい。

こんなのは、はじめてだ。

わけもなく泣き出しそうになることなんて、今まではなかった。

言っちまったら、楽になれるんだろうな。でも、言わない。

好きだなんて、言えないよ────俺は樹にとって、「男友達」だ。

それに紗夜さんって彼女がいるのに。

言えるわけが、ない……。

「瑠希はもうちょっと寝てろな。ちょっとみんなに言っておくことがあって……ここで言っちまうけど」

樹が顔を上げて、みんなを見まわした。

いつのまにか彰子も美波の兄貴も戻ってきてる。

俺を含め、全員の視線が集まる中、彼はちょっと微笑んで、紗夜さんの手をとった。

で、車椅子から立ちあがらせる。

俺は嫌な予感を覚えて、不安をおさえられなかった。

聞いちゃいけないと思った。

予感が告げてた、逃げろって。

だけど体はこわばったまま動いちゃくれなくて、俺は血の気が引く思いで、聞いたんだ。

樹の次の言葉を。

「俺、紗夜と正式に婚約した」

Copyright © 2000-2015 Yuuka Nagisawa All Rights Reserved.