1. Home0
  2. Novel1
  3. Irreglar Mind

Irreglar Mind

第4章 大荒れの文化祭 - 1 -

文化祭の三日目、つまり最終日は日曜日で、西園寺高校の校舎とグランドは大入り満員状態だった。

うちのクラスは校舎の3階にある渡り廊下を通って別棟へ行き、さらに階段をのぼった4階にある、いわゆる僻地の第二視聴覚室を借りきって、お化け屋敷をやってる。

第二視聴覚室ってのは、ご大層な名前のわりにさびれたとこで、ほとんど何もない。

でも窓に暗幕がついてるから、部屋中真っ暗にするお化け屋敷にはうってつけ、ってわけなんだ。

俺は受付の係だったけど、金・土と二日も続けてやったから、今日はフリー。

彰子も同じで、俺たちは二人連れ立って校門まで行った。もちろん、美波の兄貴と樹を迎えるためだ。

途中で高江が俺を見つけて合流してきて、クラスの方は放っておいていいのかって尋ねたら、

「くだらん」

というお言葉が返ってきた、たった一言。

へぇへぇ、さようでございますか。

天才と呼ばれるような奴には、こういうドンちゃん騒ぎって、馬鹿みたいに思えるのかもな。

なんか、損かもな、そう考えるとさ。

「よぉ、瑠希。あれ、高江まで来てくれたのか。出迎えご苦労」

校門につくと二人はすでに来ていて、樹はふざけた調子でそう言いながら近づいてきた。

彰子と美波の兄貴は……勝手にやってくれという思いが暗黙のうちに伝わったんだか、すでにこっちのことなんて眼中になかったんだか知らないけど、いつのまにか消えていた。

仲良きことは美しきかな、うむ。ちょっぴり寂しいけどね。

「瑠希んとこのクラスって、何やってんの?」

樹が尋ねてきたから、お化け屋敷、って答えたら、

「なんだ、食い物じゃないのか」

そんながっかりしなくたって……。

「お前んとこは?」

今度は高江に聞いている。聞かれた方はというと、珍しく怯んだ様子で一瞬言いよどみ、俺はいたずら心から、代わりに言ってやったんだ。

「オカマバー」

これって本当だぜ。高江だって昨日女装してたの、俺は知ってる。

樹は目を丸くしてから笑いだし、笑い転げてしばらく止まらなかった。

きっと高江がオカマやってるとこ、想像してんだぜ。

「た、高江もやったのか……?」

瞬間、高江は真っ赤になって絶句し、黙って樹を睨みつけた。

俺はびっくりしながらも、笑ってしまった。

なんでびっくりしたかっていうと、高江があんな表情するとは思わなかったから。

すごく年相応に見えて、驚いた。

へぇ、樹の前だと、あんな顔もするんだ。

樹はそんな高江を見ながらにやにやと笑っていて、俺は高江にちょっと同情した。

だけど、それでも言わずにいられなかったんだ。

「高江、本物より女らしくてさ、綺麗だったぜ」

直後、高江の拳骨が俺の頭に命中し、俺は頭を押さえてしゃがみこんだ。

わーん、痛いっ!

でも、本当に綺麗だったんだよ、高江の女装姿。

すらっとしてて気品があってさ。

さっきのあれって、俺は誉め言葉のつもりだったんだけどなぁ……。

Copyright © 2000-2015 Yuuka Nagisawa All Rights Reserved.