1. Home0
  2. Novel1
  3. ヴァレンタイン・イヴ

ヴァレンタイン・イヴ

あとがき

書き終わって時計を見れば、すでに2月15日に突入している今年のヴァレンタインでした。…もっと早く書けばよかった。

ヴァレンタインといえばチョコレート。2月になると街のあちこちで、いろんなチョコレートが売り出されるわけですが、そういう売り場に群がっている女の子たちを見るたびに、すごいなぁ、なんて感心してしまいます。元気だよね。

もともと人の多いところは苦手だし、女の子色が強い場所はさらにそうなので、昔は売り場にすら近づけなかったし、今でも苦手感は強いのだけど、今年はそれでも結構楽しんでうろついてきました。で、いつものことだけど女の子が喜びそうなものが多いなぁ、と。もらうのは男の人なのにね。まぁ、あげる側ももらう側も楽しければ、別にいいか、と思います。強要はいやだけど。

まぁ、そんなこんなで過ぎてしまったヴァレンタインがテーマのお話でしたが、いかがでしたでしょうか。

お付き合いくださり、ありがとうございました。

それでは、また別のお話でお会いできますよう…。

Feb 15,2003 凪沢 夕禾

Copyright © 2000-2015 Yuuka Nagisawa All Rights Reserved.