1. Home0
  2. Essay1
  3. 家族

Essay

家族

家族が一人、増えました。

血の繋がらない、だけど一番近くにいる家族。全然違う場所に生まれて、全然違う環境で育ってきた人。今一緒にいるのが、とてもとても不思議。

横浜に引越しをしたのは、この人がいたから。

引越しのことを書いたエッセイで、京都に対する以上の執着が横浜にはある、とわたしは書きました。それがこの人のこと。

家族。

書類上では、「夫」ということになる。人に紹介するときは、「主人」だとか「旦那」という呼び方になる。どれもまだ全然実感がわかない。自分の名前が変わったのも、なんだか実感がない。

自分たちが「夫婦」だというのも、なんとなく照れくさかったり。左手の薬指を見て、じわっと浸る、みたいな。役所で届けを出したときも、なんだか、あれ?という感じで。これでいいの?もう終わり?帰っちゃっていいの?って。

ちょっぴりじわわって実感きたのは、やっぱりドレスを着たときかな?白いウェディングドレス。初めてのフルメイクをして、写真を撮る。

生まれて初めての経験。

旦那のタキシード姿に見惚れたりね?(笑)

花嫁衣裳に包まれて、ちょっと感動なんてしてみたりしつつ、だけどなんだかおままごとをしているような感覚も否めなくて。

だって、あまりにいつもの日常と違う現実がそこにある。

そんな時間はあっけなく過ぎ去ってしまって。その余韻に浸るように手をつなぐ。自分の右手と旦那の左手。

なんだか違和感?

原因は、旦那の指にはまった結婚指輪。

本人も違和感ばりばりの顔してる。つけ慣れないものだからね。だけどその違和感に、やっぱりちょっぴり実感を感じたり。

これからずっとこの人と歩いていくんだなぁ、って。

この手を頼っていいんだなぁ、って。

そう思って、幸せになる。

不安はたくさんあるし、戸惑いもあるし、考えなくちゃならないことも、たくさん。

いろいろな心配や苦労をかけちゃうんだろうなって思うけど。

自分で決めた道だから、笑顔で歩いていきたい。

後悔があるとしても、それが前へ進むことにつながるように。

失いたくないものがある。

それはとても怖いこと。だけど、とても尊いこと。

自分を強く、してくれること。

今の気持ちが褪せないように、いつまでも新鮮でいたいな。

くたびれた夫婦にはなりたくない。

お互いの存在に慣れて、お互いのことを知り尽くしたように思えても、そんなことは絶対ないんだから。

いつまでも、新しい発見が尽きないように。

相手を見つめることを忘れぬように。

今のこの想いを心に刻み付けて。

新しい一歩を、踏み出す。

明日も、あさっても、その先もずっと。

一緒に歩んでくれる人がいる。

その幸せをかみしめながら。

(2000/12/22)

Copyright © 2000-2015 Yuuka Nagisawa All Rights Reserved.